IPO

[IPO承認] 日本情報クリエイト(4054)がIPO新規承認! 不動産IT事業で事業は魅力的!!

6/26に日本情報クリエイト(4054)のIPO新規承認が発表されました!

約2週間ぶりのIPO承認ですので久々で嬉しいですね(*^^*)

同日にモダリス(4883)、Sun Asterisk(4053)も承認され3社同時承認となりました。そちらについては後日別途記事にしたいと思います。

その中のSun Asteriskと7/31(金)に同日上場となっています。

以降は銘柄について様々な視点から考察していきます。

IPO情報

会社名 日本情報クリエイト(株)
上場予定日 2020/7/31(金)
市場区分 マザーズ
設立年月日 1994/8/1
証券コード 4054
上場時発行済株式総数 6,683,720株
公募株式数 800,000 株
売出株式数 690,000株
売出比率 約46.3%
OA株式数 223,500株
想定価格 1,090円
吸収金額(想定価格時) 約18.6億円
時価総額(想定価格時) 約72.8億円
仮条件決定日 2020/7/10(金)
ブックビルディング期間 2020/7/13(月) ~ 2020/7/17(金)
購入期間 2020/7/21(火) ~ 2020/7/28(火)
主幹事証券 野村證券
幹事証券 大和証券
岡三証券
SBI証券
エース証券㈱
楽天証券㈱
岩井コスモ証券
極東証券

先程述べたように上場日は7/31でSun Asterisk(4053)と同じです。そのため同日上場予定なのは残念ですね。買いが分散する可能性があります。(-.-;)

ですが6/24に3社同日上場されましたが予想以上の買いが入り3社共予想以上の初値をそれぞれの銘柄が記録しました。

ぜひこの流れが7/31まで続いてくれれば。。。と思うのですが1ヶ月以上先なので分かりません。

市場区分が一番人気のマザーズなのは良いですね。

公募・売出(OA含む)の合計が約170万枚です。当選枚数が1.7万口になるので枚数の多さは普通ですね。

吸収金額に関しては想定価格で約18.6億円です。マザーズにしては吸収金額が普通の分類に入ります。多くもなければ少なくもないといった感じです。

主幹事については公募割れしにくい野村證券です。

野村證券は抽選配分が約10%と他の証券会社と比較しても普通ですが当選報告をあまり聞かないため枚数以上に当選は厳しいかもしれません。。。

幹事証券だと大和証券辺りが狙い目でしょうか。

総括するとIPO情報は可もなく不可もなくといえます!

事業内容

日本情報クリエイトは以下の事業を行っているみたいです。

■不動産業界に特化したIT活用のソリューション事業

・仲介ソリューション

不動産仲介業者(不動産情報流通業務、入居者募集業務、契約業務等)に関して、業者間物件流通サービスを無償で提供するとともに、そのシステム上で機能する仲介業務支援サービスを有償で販売

・管理ソリューション

不動産管理業務(契約管理・入居者/建物管理、家賃・入送金管理等)に関して、網羅的に対応した管理業務支援サービスと消費者支援サービスを販売し、顧客が導入した後には、システムの操作案内や継続的な保守・サービスを提供する製品・サービス

業種内容は不動産業界におけるシステム開発及び保守・サービスの提供との事なのでIT事業ですね。

ただの不動産販売事業及び建築事業なら飽和しており人気の事業ではないです。本銘柄は不動産のIT事業のため人気事業といえます。

首都圏ではマンションなど数多くの不動産が活発であり、それを仲介及び管理の方面からソリューションで支える内容は需要が高いといえます。

総括すると事業内容はは好材料といえます!

業績

直近3期の業績は以下となっています。

決算年月 2017/6 2018/6 2019/6
売上高 (千円) 1,692,348 1,921,079 2,148,160
経常利益 (千円) 217,237 319,224 379,083
当期純利益 (千円) 154,477 167,510 233,740
純資産額 (千円) 764,740 618,022 912,418
総資産額 (千円) 1,382,330 1,437,047 1,885,660
自己資本比率 (%) 55.3 43.0 48.4

売上高及び経常利益がそれぞれ年々上昇しているのは良いですね!

さらに経常利益率も全ての期において10%以上なのはかなり優秀です。(基準としては3%以上)

2019/6においては経常利益率が17.6%以上と素晴らしい業績を収めています。

自己資本比率においても全ての期において40%以上なのはかなり優秀です。(基準としては40%以上)

業績及び財務が共に安定して優れているのはかなり高ポイントですね!

総括すると業績は好材料といえます!

まとめ

まとめとして、IPO承認時の申し込みスタンスとしては前向きに参加予定です。

理由としては以下のメリット、デメリットを加味した結果です。

メリット

・市場がマザーズ
・事業内容が魅力的
・業績が素晴らしい
・6/26時点での地合いが良い

デメリット

・同日上場(2社)

メリットに比べてデメリットの数が少なく同日上場についても銘柄自体の内容ではないのでさほど問題ないのではないかと思っているからです。

地合いがそれなりに悪化しない限りはそこそこの初値になるのではないでしょうか。

但し上場日まで1ヶ月以上あり状況は一変する可能性は十分にあるので地合い次第で申し込みスタンスは大きく変わる可能性があります。

とはいえ現状の地合いのままで中々のパフォーマンスの銘柄といえるので当たって欲しい銘柄ですね(*^^*)




記事が役に立った場合は
応援して頂けると嬉しいです!↓

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です