IPO

[IPO承認] GMOフィナンシャルゲート(4051)がIPO再承認! 親子上場だが悪くない銘柄!!

6/11にGMOフィナンシャルゲート(4051)のIPO承認が発表されました!

まずはじめに本銘柄は新規承認ではなく再承認です。昨日紹介したアイキューブドシステムズ(4495)と同じですね。

この銘柄は4/30に上場を予定していた銘柄ですがコロナウイルスで混乱している渦中だったので他の殆どの銘柄と同様に上場を中止(延期)していました。

上場日は7/15予定で残念ながらの昨日紹介したアイキューブドシステムズ(4495)と本日(6/12)に新規承認されたKIYOラーニング(7353)と同日上場となります。。。3銘柄同時は正直少しキツイですね(-.-;)

上場予定日は元々の予定日から約2.5ヶ月ずれとなります。

ズレたことによって条件が想定価格や株式数が変わるかと思いましたがほぼ変化なしです。

そのため変化するのは日程と地合いですね!

またお気づきの方も多いとお見ますが会社名に「GMO」が入っていますので本銘柄はGMOグループの1つであり親会社であるGMOインターネット(9449)の子会社となります。

そのため本銘柄はIPOにおいて敬遠されやすい親子上場となります。

以降は銘柄について様々な視点から考察していきます。

IPO情報

会社名 GMOフィナンシャルゲート(株)
上場予定日 2020/7/15
市場区分 マザーズ
設立年月日 1999/9/7
証券コード 4051
上場時発行済株式総数 3,835,170株
公募株式数 240,000株  (前回承認時:240,000株)
売出株式数 208,800株  (前回承認時:209,800株)
売出比率 約46.5%    (前回承認時:約46.6%)
OA株式数 67,300株
想定価格 2,420円     (前回承認時:2,420円)
吸収金額(想定価格時) 約12.4億円 (前回承認時:12.5億円)
時価総額(想定価格時) 約92.8億円 (前回承認時:92.8億円)
仮条件決定日 2020/6/26(金)
ブックビルディング期間 2020/6/30(火) ~ 2020/7/6(月)
購入期間 2020/7/8(水) ~ 2020/7/13(月)
主幹事証券 大和証券
幹事証券 SMBC日興証券
みずほ証券
いちよし証券
丸三証券

※株式数、想定価格、吸収金額、時価総額を前回と比較をこめて記載

上場日は7/15でアイキューブドシステムズ(4495)及びKIYOラーニング(7353)と同じです。そのため同日上場の予定なのは少し残念ですね。

市場区分が一番人気のマザーズなのは良いですね。

吸収金額に関しては約12.4億円と軽くも重くなくまずまずですね。

売出比率についても同様で約46.6%のためまずまずです。

公募・売出(OA含む)の合計が約52万枚弱です。当選枚数が5200口になるので中々希少ですね~

主幹事については抽選配分が大きい大和証券です!

通常大手証券会社ですと10%程度ですが大和証券の場合は20~25%と2倍以上配分されます!期待ですね(゚∀゚)

幹事証券だとSMBC日興証券、みずほ証券辺りが狙い目でしょうか。

総括するとIPO情報は同日上場を除けば悪い点はなくそこそこ良いです!

事業内容

GMOフィナンシャルゲートは以下の事業を行っているみたいです。

・対面決済サービス事業
①お客様の業種・業態に応じた多様な決済サービスのご提供
②高機能なハイブリッド型決済端末を提供
③アプリケーション・アライアンス
④大手クレジットカード会社と協業による「総合決済プラットフォーム」の提供

業種内容は「キャッシュレス」の人気ワードに関わるIT系の内容ですね。

日本はキャッシュレス比率も諸外国と比べると低く、日本政府もオリンピックなどに対応するためにキャッシュレスを推進しており国策となっています。

事業内容的には人気の出る銘柄ではないでしょうか。

業績

直近3期の業績は以下となっています。

決算年月 2017/9 2018/9 2019/9
売上高 (千円) 1,051,211 1,314,934 2,040,761
経常利益 (千円) 92,532 103,365 148,627
当期純利益 (千円) 66,061 66,433 104,694
純資産額 (千円) 2,566,893 2,633,327 2,738,021
総資産額 (千円) 4,082,126 3,982,467 4,402,378
自己資本比率 (%) 62.9 66.12 62.2

売上高及び経常利益は綺麗な右肩上がりで文句なしですね!

今期はどうなるか分かりませんが直近3期から想定すると良い結果が予測されます(*^^*)

自己資本率についても直近3期全てが自己資本率:60%超えとなっていためキャッシュリッチで文句なしです(*^^*)

総括すると業績はかなり素晴らしいものとなっていますね!

まとめ

まとめとして、IPO承認時の申し込みスタンスとしては前向きに参加予定です。

理由としては以下のメリット、デメリットを加味した結果です。

メリット

・市場がマザーズ
・事業内容が魅力的
・業績が文句なし

デメリット

・同日上場(3社)
・親子上場

メリット・デメリット共にありますが、足し引きすればメリットのほうが大きいと考えられます。

地合いが悪くなければそこそこの初値となるのではないでしょうか。

しかし、上場まで1ヶ月以上先なので地合い次第で申し込みスタンスは大きく変わるかと思われます。

申し込みをするのなら当たって欲しい銘柄ですね(゚∀゚)




記事が役に立った場合は
応援して頂けると嬉しいです!↓

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です