IPO

[IPO承認] Branding Engineer(7352) 上場承認! 吸収金額が極小且つSBI証券主幹事で期待大!!

本日(6/5)にBranding Engineer(7352)のIPO承認が発表されました!

初めに結論をいうと本銘柄はかなり期待大の銘柄です(*^^*)

上場日は何と7/7で七夕の日で七夕上場ですね!縁起が良いですね~

想定価格が1株440円且つ吸収金額が約1.9億円とかなり極小金額になっているため人気必死です(*_*)

しかし、主幹事がSBI証券のため抽選割合が多くIPOチャレンジポイントでの当選チャンスもあるため要チェック銘柄ですよ。

IPO情報

会社名 (株)Branding Engineer
上場予定日 2020/7/7
市場区分 マザーズ
設立年月日 2013/10/2
証券コード 7352
上場時発行済株式総数 5,133,400 株
公募株式数 260,000 株
売出株式数 136,200 株 (売出比率:約34%)
OA株式数 40,000 株
想定価格 440円
吸収金額(想定価格時) 約1.9億円
時価総額(想定価格時) 約23億円
仮条件決定日 2020/6/18(木)
ブックビルディング期間 2020/6/22(月) ~ 2020/6/22(金)
購入期間 2020/6/30(火) ~ 2020/7/3(金)
主幹事証券 SBI証券
幹事証券 大和証券
みずほ証券
あかつき証券
エイチ・エス証券
エース証券
岡三証券
極東証券
東洋証券
楽天証券
マネックス証券
水戸証券

 

公募・売出共に少ないですね~

合計で約40株式のため1口100株なので当選できる方は4000口ですね!

通常の証券会社だと対面取引に配分比率を多くするためネット配分比率は約10%と低いですが、今回の主幹事はSBi証券でネット証券なのもあってネット配分比率が約50%あります。

しかも、IPOチャレンジポイント枠があるのでIPOチャレンジポイントを多く持っている人なら確実に当てることが出来ますよ~

今年に入ってからSBi主幹事のIPOチャレンジポイント枠での当選は当選口数の大小関係なく300株配分が続いてますので今回も300株配分の可能性が濃厚です。

1株当りの想定価格も440円とIPO株の中でもかなりの少額であり、吸収金額も約1.9億円とずば抜けて少額です。

そのため、上場日は売りが少なく多くの買いが入るのではないかと推測します(^^)

しかし、昨今のコロナウイルスの影響が大きく関わってくるので地合いによっては悲しい結果になる可能性も十分にあるので地合いについてはじっくりと見極めていく必要がありますね。

ただこの吸収金額からも公募割れする可能性は極めて低いのではないかと思われるためよほどの要因が発生しないのであれば私は抽選に応募するつもりです。

事業内容

Branding Engineerは以下の事業を行っているみたいです。

・Midworks事業

ITエンジニアと主にITサービスの開発を行う企業をマッチングさせ、SES事業及び人材派遣事業

・メディア事業

ITエンジニアやビジネスパーソンへの情報発信を行う

・FCS事業

ITエンジニアを必要とする企業へ受託開発サービス及びコンサルティングを提供

・その他事業

ITエンジニアに特化した転職支援サービスのTechStars及びプログラミング教育サービスのtech boost を運営

ITエンジニアにフォーカスした事業ばかりですね!

自動運転や5GなどのIT分野が今後さらに成熟していくといわれています。

それに伴ってITエンジニアは必要不可欠の存在であり、需要が高くなることは間違いないと言えます。

そのためITエンジニアの育成及び人材提供等を行っている事業内容は投資家目線からも非常に魅力的に映るのではないかと思います。

業績

直近3期の業績は以下となっています。

決算年月 2017/8 2018/8 2019/8
売上高 (千円) 975,266 2,448,530 2,819,764
経常利益 (千円) △29,451 101,610 143,242
当期純利益 (千円) △19,203 71,228 109,822
純資産額 (千円) 103,769 178,021 287,844
総資産額 (千円) 391,769 783,247 898,559
自己資本比率 (%) 26.5 22.3 31.7

 

年々売上・経常利益共に上がっているので文句なしですね。

直近の2019年だと経常利益率も約5%なのは素晴らしいです。(会社設立から7年未満なのもポイントが高いです!)

この調子なら今期以降も業績向上を見込めるので人気の要因の1つになります。

 

まとめ

まとめると吸収金額・事業内容・業績全て素晴らしくほぼ文句の付け所がないIPO銘柄となっています!

唯一の懸念点としては、銘柄ではなくコロナウイルスが主となる地合いですね。。。

現在は世界で落ち着き傾向があり株価もコロナウイルス騒動前の水準に戻ろうとしています。

しかし、上場日までまだ1ヶ月もあり状況が一変する可能性も十分に考えられます。

そのため、日本も含めて世界情勢の動向には気を配る必要があります。

ただIPO銘柄としては本当に素晴らしいので基本的に管理人は積極的にIPO抽選に申し込むスタイルです。

抽選結果を含めて初値はいくら付くのか上場日までが楽しみですね(*^^*)

 




記事が役に立った場合は
応援して頂けると嬉しいです!↓

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です